言葉の遅れの悩み解決法



人間の子どもとして生まれてきたら、

言葉は自然にでてくるものであると思いがちです。

しかし言葉は胎内にいた時から多くの言葉(音)を聞き、生後1~2ヶ月からの、主に母親の語りかける口を見て言語の習得が始まっているのです。

元々無口な母親の子どもは当然のように言葉は出にくくしかもテレビなどの一方的な音を聞かせて育てればでない方が当たり前だと思います。

未熟児で生まれた子どもや、母親からあまり体を触ってもらえなかった子どもは触覚が未発達になりがちです。

それではどのように解決するかといえば、最初に戻すということです。

毎日たくさん語りかけ、毎日触って(マッサージ)毎日呼吸を深く出来るようぎゅーとした抱っこを毎回5分以上(最初は10秒から)することです。

こうした方法をより詳しくあらわしている「荒関式ことば発達法第1弾・第2弾セットッパック」

で是非毎日実施してみてください。3ヵ月後にはぐんぐん変化がでてくることでしょう。


言葉の遅れの悩み解決法メルマガはこちら

 

荒関式ことば発達法の詳細こちら

 



Copyright© 2012 「言葉がでない、言葉が遅い」言葉の遅れが心配なママへ ことばの教室、言語訓練なら「荒関式ことば発達法」 All Rights Reserved.
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com