抜群の成功率と言われる荒関式ことば発達法の効果とは?

 

「あきらめないで!あなたのお子様も言葉はでてくる!」

言葉の能力を高めるとどのような効果があるか。

想像力は理解することを成立させる能力である。

とすれば想像するという脳活動の材料は言葉(物の名前、意味、人の行動のもつ意味、人の心理的発言)である。

従って言葉を発達させることをできるだけ年齢の低いうちに働きかけることは子供の持つ想像力の可能性を広げ、

相手の気持ちを理解できる能力を高めることになるのであろう。

 

 

相手の話すこと、考えることをよく理解できるための方法は0歳から始め言語中枢が完成するといわれる8歳まで続けると効果が望まれると思います。

また、早ければ早いほど高い理解力がつくでしょう。

 

続きを読む

 



Copyright© 2012 「言葉がでない、言葉が遅い」言葉の遅れが心配なママへ ことばの教室、言語訓練なら「荒関式ことば発達法」 All Rights Reserved.
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com