最新のお礼のお手紙2

荒関洋子 様

お世話になっています。「単語を引き出す方法」を購入しました、山下と申します。

商品が到着してから本日までの経過報告等をメールにてさせていただきました。

商品が到着した時、子供は3歳11ヶ月でした。

当時の子どもの状態は、発語については、単語は10個未満でした。

行動については、落ち着きがなく、幼稚園では明らかに他の子どもさんと比べて成長の遅れがみられました。

■商品を購入してからの経過報告

「本商品がし実践してから約1か月経過した状況」は、以下のとおりでした。

1.増えた言葉(単語)は、「 2.以前お送りしました発語できる単語など」以外に
・発語 「えぶ」(意味:えび)※海老を見て、認識し、「えぶ」との発語ではあるが、きっと「えび」と発語しようとした本人をみると少し嬉しかったです。

・発語 「あめ」(意味:あめ)※「め」が初めて言えました。

・文字をみて、言うことができる文字を指さして発語します。「ぶどう」なら「ぶ」を指さして「ぶ」と言います。
                          
2.行動については、

・トイレが1人でできるようになりました。

・以前はノックする身振りや、前を抑えるしぐさで教えて、親の手を取って行っていましたが、今は勝手にトイレに行ってオシッコをしてきます。

メール相談にて荒関様より、より具体的なご指導をいただいてから、本日まで約2か月半経過しました。

訓練は、毎日実施しています。

1.発語のこと
①文字をみて発語するようになりました。

訓練を始めてから、約1か月半経過した時 絵本の読み聞かせをしている中で、 

「ノンタン」シリーズの 絵本の文字(ひらがな)「ぶくぶくぶく」を指で たどりながら発音をして、読み返しを促していました。

 そのとき、オウム返しをして文字をみながら「ぶく・ぶく・ぶく」と発語しました。

 これまでにそのようなことがなかったので、びっくりしました。

 次に、親が発音をしないで、文字だけを指でたどってあげたところ、同じように発語しました。

 その日を境に、言える単語が増え続けました。

日常生活で出てくる食べ物の名前や道具の名前はその都度親が発語し、子どもに発語を促していきました。

 約1か月後の9月上旬には、発語できる単語が著しく増えました。平均して1日約5~6語ずつ発語できる単語は増えていったと思います。

 また、親の言ったことをよく真似をします。

 日増しに発語できる単語が増えてきています。

 文字(ひらがな、カタカナ)は確実に読むことができるようになりました。

 但し、「さ行」と「や行」の発音がぎこちないです。「しゃ、しぃ、しゅ、しぇ、しょ」といった感じです。

 毎日の訓練の中に数字も取り込んでいます。現在、1~20まではなんとか発音できています。

②自分の要求を伝えるようになってきました。

 「パパ・・・リンゴ・ジュース・・・飲みたい」、「えびせんべい・・・取って」などです。

 滑らかな話し方ではなく、ぎこちないのですが、自分で話そうとする意志があります。

2.行動について

・3か月経過して、行動は比較的落ち着いてきました。

 外出先で握っている手を放しても走ったりしなくなり、親の周りにいてくれるようになりました。

3.感想
本人のペースではあるものの、成長を感じる4か月でした。

幼稚園からは、夏休み明けの8月下旬に本人と会ったら話したのでびっくりしました。

何かあったのですか?と言われました。

このことからも、変化があったことが伺えました。

もっとも心配していた発語については、出口が見えないトンネルのような気持ちでしたが、約4か月、発語してくれて本当に良かったと思います。

◇今後の課題

1.コミュニケーション能力を伸ばしてあげることです。

2.要求を伝えることだけではなく、受け答えができ、会話がスムーズにできるようにしてあげたいです。

◇つきましては、「荒関式ことば発達法~会話を引き出す方法~」をこのたび購入させていただき、引き続き取り組んでいきたいと考えています。

これまでにご指導いただき、ありがとうございます。引き続き、ご指導方、よろしくお願いいたします。





全国からのお喜びの声はこちら



Copyright© 2012 「言葉がでない、言葉が遅い」言葉の遅れが心配なママへ ことばの教室、言語訓練なら「荒関式ことば発達法」 All Rights Reserved.
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com