荒関洋子からのメッセージ

私の基本は、「医学で治せないならば教育で導く!」です。
そしてその結果99%の子どもは話せるようになりました。
1%の話せなかった生徒は私がその子のママの生活を
変えることができなかったからです。

私の役目は「言葉を話せるようにさせる」ことです。
はなせないというハンディキャップを持っている子どもを
はなしができるようにすることです。

脳障害を持った子どもの脳をなおすことではありません。

しかし、話すということを可能にする時

知能を育まなければなりません。

私が学んできものが知能教育であり

私が経験を積んできたことが、いわゆる障がい児と呼ばれている
言葉も話せない子どもに知能教育をしてきたことです。

従って単に話せないだけではなく
薬もなく手術もできない、いわゆる発達障害、自閉症、ダウン症、

脳性小児麻痺等といわれた子どもの
言葉を引き出す方法として知育(知能教育という分野)
を行い言葉を導いてきたのです。

知育の分野からいえば、言葉は数の分野と形の分野を知育的に指導することで
でてくるものなのです。

私は医者ではないので治すという言葉は使いません。
導くのです。

そして、その方法を家庭で出来るために
両親が今の生活を改め、まず変わること
そして今6歳までの子ども達が0歳~1歳半
までにしなければならなかった心の面と行動面のことを
1からやり直してもらう方法としてDVDとテキストを作ったわけです。



Copyright© 2012 「言葉がでない、言葉が遅い」言葉の遅れが心配なママへ ことばの教室、言語訓練なら「荒関式ことば発達法」 All Rights Reserved.
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com