療育に通えない3歳3ヶ月 男児

2021/03/02

埼玉県 鈴木さんより

『我が子は現在3歳3ヶ月。発語自体が遅く、「ママ」と呼べるようになったのも2歳半を過ぎた位の頃でした。

近所の先輩ママに誘われ公園デビューも早い段階で始めたつもりですが、周りのお子さんとのあまりの成長の違いに圧倒され、我が子の発達の遅れを痛感し、胸を痛める毎日でした。

検診時の勧めもあり、療育にも申請しましたが、どこも定員オーバーの状況で入れる時期も未定・・・

そんな時に母から「段階別に分かれているこの教材はどう?このままだと手遅れになるんじゃない?やってみたら?」

と教えてもらったのが荒関式でした。教材の発送も早く数日で手元に届いたので、先ずは荒関式第一弾からスタートしました。

開始して3週間程経過した頃くらいからでしょうか。

私がこれまで耳にした事がない単語を突然話し始めたのです!

まだまだ2語文とまではいきませんが、このまま荒関式を続けていこうと思います!』

上記のようにお子さまが

「言葉が周りの子どもより幼稚」

「単語をつなげたような話し方をする」

「指示が通り難い」

「会話がちぐはぐ」

「質問の答えがほとんど返ってこない」

「作業が周りと比べて遅い」

などの傾向がある場合は、言語訓練代わりにフラッシュカードに取り組まれることをお勧めします。

荒関式は療育に通えない、通っているけど回数が物足りない、療育が終了してしまった、自宅でも言語療育を続けたい、などの方々にも多く取り組まれています。

タグ:

Copyright© 2012 「言葉がでない、言葉が遅い」言葉の遅れが心配なママへ ことばの教室、言語訓練なら「荒関式ことば発達法」 All Rights Reserved.
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com