ことばを導き出すのは呼吸

2018/05/15

ことばが出てくるためには息を深く吸えるようにしなくてはいけません。

何故息が浅いと言葉にならないのか。

言葉は、息を吸って吐いての繰り返しで発せられます。

まずは息を深く吸えることで単語になって出くるのです。

そして、もっと深く吸えるようになると2語文、3語文へと進んでくるのです。

息を深くするにはどうしたらよいのでしょうか。

椅子に座っていられるようにするにはどうしたらよいのでしょうか。

「荒関式ことば発達法」はそんな疑問にお答えして制作されました。

Copyright© 2012 「言葉がでない、言葉が遅い」言葉の遅れが心配なママへ ことばの教室、言語訓練なら「荒関式ことば発達法」 All Rights Reserved.
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com